授業35週目終了。



授業35週目終了。

そして11月も終了。


今回は演技とネタ見せの授業でした。


演技ではエチュードという、言わば即興コントを行った。


大まかな設定だけぶち込まれ、後は演者が広げていく。


発想、キャラ設定、ストーリー展開。


瞬時に判断して進めていくのが非常に難しい。


次回もエチュード中心のようなので、引き出しを多くしておかねば。



そして、ネタ見せの授業。


ネタ見せ自体は1時間ほどで終了し、後はその日行われていたM-1 2018を鑑賞。


ネタ見せは一応12月のライブ用のネタをしたが、


個人的に序盤、変な間を作ってしまったのが痛かった。


今回、ボケツッコミの役割を入れ替えたのだが、違和感がまだ残る。


ツッコミに関しても、スムーズにできるようにならねばいけない。


あとは、内容を見直しとボケ数を意識して、来週のネタ見せで試そうと思う。



そして、M-1観賞。


今回、録画し忘れていたので非常にありがたかったです。


講師の先生が、一組ずつ解説やポイントを言っていただいたので、


一人で観るのとまた違った意味があったと思います。


特に決勝最終戦の三組は、三組ともスタイルが違い、


笑いに対してのアプローチ方法を考えさせられました。


決勝メンバー10組全員おもしろかったですし、


霜降り明星さん・和牛さんの優勝・準優勝の2組は特に秀でてました。


しかし、1番印象に残っているのはジャルジャルさんの「国わけっこ」


リアルタイムで観た次の日に、もう一回見てみたいと思ったくらい。


独特のスタイルだし、長年自分のスタイルとして貫いた強さがあるのかもしれない。


そういうキャラやスタイルは、今の自分たちにないものなので、見つけ出さなければならない。


そういった軸があれば、また一歩進める・・・はず。


この記事へのコメント